一流の料理人ならば食材の見分け方をマスターしなくてはならない‼︎〜いちご編〜 今週末にまだ間に合う予約なしでもいけるいちご狩り場in大阪


どーも山猫茶寮です

今回はやはり一流の料理人であるためにはいかに美味しい食材を見分けることができるかということが

非常に重要であります、見てわかるって大事

手っ取り早く食べながら学べるスポット、、、それがいちご狩りなどの狩り。

やはり見て食べ比べることが非常に大事です。

では早速紹介していきたいと思います。

週末に間に合う予約なしでも行けるいちご狩り場in大阪  

  • 富田林市農業公園サバーファーム
  • 期間 2017年12月上旬~2018年5月下旬予定
  • 営業時間 2017年12月~2018年3月は9:30~16:00、4~5月は9:30~17:00(なくなり次第終了)
  • 休み 月曜(祝日の場合翌日)
  • 料金 1区画1200円、先着順
  • ※別途、富田林市農業公園サバーファームの入園料(大人700円子ども300円)が必要
  • 時間 区画内のいちごを食べ終わるか、~15:00で終了
  • 予約 予約不要 ※予約不可(当日整理券配布、なくなり次第終了。当日14:30まで受付)
  • 練乳 練乳なし
  • 持ち帰り 出来ない
  • 品種 とちおとめ、もういっこ、やよいひめ

1区画に20〜30個はあるのでしっかりと見た目の違いによる味の違いを勉強できます。

予約不可のためいかに朝一で整理券をもらえるかが鍵となります。

理券をもらわないといちご狩りができません、自分の前にいた高校生くらいの子達は

調べが足りず入れば行けると思い入場券を買って入って行きました・・いちご狩り場の前で暴言吐いて

帰って行きました・・・

某ネズミーランドよろしくな行列が8時半到着時点で出来上がっておりました

おそらく9時を過ぎて並んでいた人たちは整理券がもらえなかったと思われます。

一人で並ぶのはなかなかの苦行です。

スムーズに入るポイント!!

さらに入場券は別のところで買わなくてはならないため整理券をもらったあとにもう一度

入場券に並ぶという二度手間に遭遇します。

なので家族や友達来ている場合はどちらかがいちご整理券に並んでいる間に片方は

入場チケットを買っておけば並んだ後に並ぶという悲劇に遭遇しなくてすみます。

のどかな世界。。

夏はバーベキュースポットにももってこいですね

広いのでごちゃごちゃしてなくて穴場かも。

信じられない広さの敷地を歩いてようやくいちご狩りです。

ビニールハウスの写真を撮り忘れましたがビニールハウス内非常に蒸します

決して厚着はしないほうがこれからの時期懸命です。

では与えられた区画で目一杯いちごを狩ります(1区画地味に広くてびっくりする)

下の画像はわかりやすいですが

真ん中のいちごが明らかに熟してますね

あとは右端のいちご

この二つを食べ比べて美味しい方との違いを見ておけば

これから選ぶ際に目利きしやすくなります。

美味しいいちごの見分け方   

赤く熟しているものは甘い

その中でも明らかに艶のある色気いちごは甘いうえに美味い。

大きいものは当たり外れが大きい、よくまとまっている適度な大きさが良い。

直感的に美味しいそうって思うものを食べてブレをなくしていくのが近道ですね。

だいたい30分ほどで飽きます、、並んだ時間のほうが長いね。

桜も咲いてました。

今週末ならまだ咲いていると思うのでいちご狩りと花見とバーベキューという

リア充みたいな事をしてみてはいかがでしょうか??

 

まぁ買うのが一番だよね。

あまおうは実は少し酸味があるくらいの方が旨味を感じやすくて美味しいんだ。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です