『植木鉢風ケーキが作れる』甘くないチョコレートの砂の作り方。


夏も終わりに近づいて美味しいフルーツもたくさん出てきましたね

今日はこれからケーキ作りをするなら確実に持っておきたい必須アイテム

砂のチョコレートの作り方を披露しようと思います。

レシピもまるまる僕が使っているものなので比較的簡単に作れると思います。

ではいってみましょう。

まずは一番大事なチョコレート、ヴァローナ社のグアナラというチョコレートです。

こちらパティシエの人に聞いたら一番使いやすくてうまいということで

愛用させていただいております。

カカオ70%ということで健康にもよかったはずです。

〜材料〜

チョコレート(カカオ70%)  50g

無塩バター           40g

生クリーム           32g

卵黄              40g

卵白              70g (卵一個で卵黄20gと卵白35gくらいなので2個分です)

グラニュー糖          30g

トレハロース          30g(なければグラニュー糖で大丈夫)

カカオプードル(ココアパウダー)32g

薄力粉             14g

 

 

トレハロースはなければないで問題ないです。

  

カカオプードルと薄力粉を合わせてふるっておきます

 

チョコ、糖類、無塩バター、粉類

卵白を泡立て器て泡立て糖類を3回に分けて加えます(一気に混ぜると分離のしやすかったり混ざりにくい)

ツノが立つまで完全に泡立てメレンゲにします。

ボウルにバター、チョコレート、生クリームの順に入れて湯煎にかけ45℃の温度で温めて

チョコレートを溶かします(温めすぎるとチョコが分離するので湯せんは指をつけて少し熱いくらいを目安に。)

完全に溶けて混ざれば、溶いた卵黄を混ぜます

先ほどのメレンゲを3回に分けて混ぜます。

 

しっかりと混ぜます。

混ざれば、先ほど合わせた粉類を3回に分けて混ぜます(3回というのはダマになったりを防ぐ意味ですので回数にはこだわらず自分のペースで入れてください)

しっかり混ざれば型にクッキングシートを敷いて流します

110℃に余熱したオーブンで60分〜70分しっかりと水分を飛ばしながら焼きます。

水分が飛び切ってないとサラサラの砂にならず細かく粉砕できないので今回の

ポイントです。

しっかりと水分を飛ばしてください。

焼き上がり。

粗熱をしっかりととり冷凍庫へいれしばらく固めます。

これでより粉砕しやすくなります。

固まれば、適度に切り刻みあとはフードプロセッサーでひたすら粉砕です。

大きさはバラバラの方がリアルな砂感が出るので荒い部分も残すのがよいと思います。

  

ジップロックに入れて冷凍しておけば、かなり日持ちするのでオススメです。

使う分だけ小分けで出すようにしてください。

あとはプリンでもスポンジケーキでもレアチーズケーキでもアイスでも

何にでもかけることができる万能チョコレートになります。

ぜひ一度作ってみてください。

少ない分量と見せかけて結構できます。

トレハロース少量も売ってた。。。。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です